ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム まとめ

MG RX-93-ν2 Hi-νガンダム @ 2007年3月14日

 Hi-νガンダムは、多くの人に馴染みのない機体である。というのもこのHi-νガンダムはどのアニメにも登場しておらず、小説「機動戦士ガンダム逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」版のνガンダムを、出渕裕氏による新設定画で公式化、及び立体化したキットだからである。

ということで、公式設定が追加されたり、以前のものと公式設定とやらで大幅にデザインが変わったりして波紋を呼んだキットであるが

「Hi-νガンダムは、お馴染みのνガンダムの完成形で究極のνガンダム」なのはたぶん間違いないらしい。

ただこのHi-νガンダム、確かにあちこちに元祖νガンダムの面影を残してはいる、がしかしカラーリングから、ファンネルなどの装備、サイズなど結局は全然別物といっていいような機体となっている。

さて、キットの方はというと最新の技術が投入されていて、幅広い可動域、高度なパーツによる色分け(特にシールドの色分けがスゴイ)など本体は大変よい出来であると思われる。
ただしその反面、
 ・フィンファンネルが台座に取り付けにくい
 ・シールドのマークがデカールではなくシール。(ナゼ?)
 ・バズーカの発射口が開口していない。(反面マガジンにはしっかり弾が入っている)
などオプションや周辺の部分で詰めが甘いような気がするのは気のせいだろうか?
まあνガンダムを既に持っている人は、完成形でどの程度変わったのか比べるために、ぜひ一緒に並べて飾ってみることをオススメする。


・塗装必要個所
色分けはほぼカンペキでそのままで充分である。特にシールドの迷彩のようなパターンまでパーツによる色分けがされているのはスゴイの一言。
細かなところで気が付いたのは以下の部分
 ・腰のサイドアーマーのスラスター
 ・襟の部分の黒い三角形部分
 ・フィギュア(これは白一色なので飾るなら塗装必須)

・パーツ分割が工夫されているため、本体の合わせ目けしはほとんど無い。ただし頭部が前後のパーツに分かれており中央に分割線ができるのはちょっといただけない。あと気になるところとしては
 ・フィンファンネルのハンガーと背中中央の翼
 ・プロペラントタンク
 ・ビームライフル、バズーカなどの武器類
は中央に合わせ目があるので気になるなら消しておこう。


・武器、付属品
ビームライフル(取説に記載はないが腰の後ろにマウント可)
ニューハイパーバズーカ(手に持たせる以外マウント不可)
ビームサーベル×3(2本はファンネルハンガーに内蔵、1本は左腕に内蔵)
フィンファンネル×6(背中のハンガーに格納可能)
右腕にバルカンが内蔵
シールド
フィンファンネルビーム発射用エフェクトパーツ×12
フィンファンネルバーニア噴射炎パーツ×6
フィンファンネルディスプレイ用軟質プラ棒×6
展示用スタンド(台座はアムロのパーソナルマークの形状)
1/100パイロットフィギュア(座/立)


・可動
 最新のキットだけあって可動についてはかなり広く、文句ナシの出来。非常によく動く。
細かくはレポートを見てもらうとして、
 ・ヒザが2重関節
 ・スネアーマーなど脚部装甲のスライド機構
 ・ヒジも2重関節
 ・股関節は軸が左右別々に前後にスライド可動
 ・背中を反らすことが出来る(仰け反り防止ストッパー付き)
 ・腰には回転機構アリ
などが特徴である。
ただし、シールドが腕に直接固定されてのがちょっと残念ではある。


■おまけ

○元祖 VS Hi-νガンダム
MG Hi-νガンダム
MG Hi-νガンダム
νガンダムとHi-νガンダムを並べてみました。うーむ、Hi-νガンダムはνガンダムの肩ぐらいまでしか身長がありません...。でも小型高性能となっているので、やはりHi-νのほうが強いんでしょうね。


1/100 MG Hi-ニューガンダム
1/100 MG Hi-ニューガンダム
おすすめ平均
stars見慣れるとかっこいい
starsまあまあな、出来なのでは?
stars高いですよね?
stars絶妙!
starsこれはいいものだ・・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1769
コメント

2006年中旬 某メーカー会議室

部長  今期、予算機厳しいな。何か目玉出さないと達成は無理    だな。
社員A じゃ、ストライクフリーダムとHi-νとかどうですか?
社員B ストライクフリーダムはいいとして、Hi-νは下(B-CLUB)    から改造パーツで出てますよ。
部長  いいね。それで行こう。Hi-νは新しいデザインで出せば    いいよ。デザイン書かせておけ。じゃ次までにテストシ    ョット作っておいて。
数ヶ月後

社員A  部長、T1(テストショット1)できました。
部長  う~ん、Hi-νは顔がゼータっぽいな。もう少し直させ     て。ストライクフリーダムは普通のとメッキとかので2     種類出して稼ごうよ。
社員A 分かりました。

さらに数ヶ月後

社員A T4できました。どうですか?
部長  時期もきついし、ストライクフリーダムはこれでいい     よ。Hi-νは合わせ目とかまだまだだけどどうしようか?
社員B そうですね。じゃもう少し煮詰めましょうか。
部長  う~ん、でももう決めないときついな。
    いいよ、Hi-νもこれで行こう。説明書もνの使え。文章中    のνをHi-νに直す程度でいいだろ。
社員A 本当にこれで出すんですか?
部長  出さなきゃ決算までに間に合わないだろ。予算達成でき    なきゃボーナスとかまずいぞ。
    ストライクフリーダムとHi-νならどんなのでも売れるだ    ろ。
全員  そうですね。じゃこれで決まりで。

Anonymous @2007年3月15日 09:49
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム