ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG ストライクガンダム+IWSP その5

MG ストライクガンダム+IWSP @ 2006年11月10日

今日は「MG ストライクガンダム+IWSP」の胸フレームを作製しました。

MG ストライクガンダム+IWSP
MG ストライクガンダム+IWSP
写真は、ストライクガンダムの胸フレームです。
なかなか、立体的な造型となっていますが、胴体の途中の切れ目のような所は、一体成型なので可動はしません。前回作製したHGUCゲルググでは、胴体のあちこちが可動したのでここが動かないのはチト残念...(-_-;)

MG ストライクガンダム+IWSP
さて、写真は肩を上げたところですが、こんなところに例の2本のビスが使われています。あのビスは肩の可動を補強するものだったんですね...。

MG ストライクガンダム+IWSP
ちなみに肩関節は写真のように結構前方に引き出すことができます。これならグランドスラムをカッコよく両手持ちできそうですネ。

MG ストライクガンダム+IWSP
胸のハッチは写真のようにオープンすることができ、中にはちゃんとパイロットが座っています。このパイロットは、キラではなくて、ストライクノワールのスウェンさんのはずなんですが、でも良く考えるとパイロットのランナーは、昔のMGエールストライクガンダムのものと共通のはずなので、これはやっぱりキラなのか?あなたは一体ダレ?

MG ストライクガンダム+IWSP
さて、胸を昨日まで作った腰にドッキングするとこんなカンジになります。これは、なかなかメカっぽくていいカンジです。

MG ストライクガンダム+IWSP
さて、以前コメントで「背中に装着するIWSPが重いので、時間が経つと腰のボールジョイントの部分がへたって、後ろにのけぞってしまう」との情報をいただきました。(情報ありがとうございますm(__)m)
で、写真がウワサのボールジョイント付近ですが、確かに広い空間が開いているのでこれは、徐々に傾いていきそうなヨカン...、これは何かを間にはさんで、固定するのがいいかもしれませんね。
ちなみにウチのガンプラで重さで一番傾いているのはMGのνガンダムさんだったりします。背中のファンネルが重くて、上半身がそっちに傾いてしまう...。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1642
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム