ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG MVF-M11C ムラサメ(量産機) まとめ

HG MVF-M11C ムラサメ(量産機) @ 2006年4月 9日

「HG ムラサメ(量産機)」は、ガンダムシードデスティニーで登場した、オーブの主力最新鋭のモビルスーツである。(取説によるとM1アストレイの後継機とのこと)このムラサメの最大のポイントはやはり

「カッコイイ戦闘機に変形する!」

ということに集約され、もちろん本キットも、MS形態からMA形態に変形可能となっている。ただし、差替えナシの完全変形ではなく、

「激しく差替え!」

なキットとなっていて、頭部や腕などがそのまま余剰パーツとなってしまうという割り切り方をしている。しかしそのかわり、戦闘機形態になったときの形は、なかなかシャープでかなりカッコイイと感じられる。これは、中途半端な完全変形を目指し、結果「なんだか、分厚い気がする」キットとなってしまう可能性を考えればなかなか賢い選択であるといえよう。
さて、このムラサメ、オーブの最高級機?である、アカツキと一緒に飾ってみることをオススメする。


・塗装必要個所
大きな部分はシール再現されている。ただし細かな部分を設定どおりにしようとするなら、かなり部分塗装が必要。
 ・顔の左右、バルカン部(黒)
 ・バックパック上部のエアインテーク(赤)
 ・足首付近のスラスター、ヒザ周辺(赤)
 ・ミサイル(いろいろと色分けが必要。かなりメンドクサイ)
 ・シールドのふちの白いライン、コックピットになる部分
 ・ビームライフル(グレー)
 ・ランディングギア(タイヤは黒など)

・合わせ目けしは、腕、腿、頭部、ビームライフルなど少し多目。


・武器
ビームライフル(イカヅチ)
ビームサーベル(クリアピンク成形)
シールド(デカイです^^;)
変形用フレームパーツ
戦闘機用ランディングギア
ディスプレイスタンド
左右握り手


・可動
ヒザ関節は可動範囲が広く、正座が出来そうなほど曲げることができる。反面、腕に関しては変形機構のため、肩の引き出しナシ、ヒジは90度しか曲がらない、とちょっと厳しいものがある。ただし、ムラサメは戦闘機形態で飾ることが基本と思われるので、それならばそもそも可動は全然問題にならないのかもしれない。

■おまけ

HG ムラサメ
ムラサメとアカツキの2ショットです。
しかし、やはりアカツキは...目立ちすぎ^^;


1/144 HG ムラサメ(量産機)
1/144 HG ムラサメ(量産機)
バンダイ 2006-03-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1426
コメント

あるページからの情報↓
「他国へ侵略せず・他国の侵略を許さず・他国の侵略に介入しない」南太平洋ソロモン諸島に存在する中立国家「オーブ連合首長国」の理念である。専守防衛国家でありながら島国という土地柄からか海岸沿いに市街地や行政区が集中しているオーブにとって、敵勢力の上陸阻止はその理念を守る絶対的な条件である。前大戦時に開発された主力量産機MBF-M1 M1アストレイのバックパックには戦後に改良を加えられた大気圏内飛行用巨大ローター「シュライク」が装備されるようになったが、当初から海上や空中での迎撃を視野に入れたフライトシステムとして開発されたMSと言えるのがMVF-M11C ムラサメである。
本機最大の特徴はMS形態から飛行能力に特化した航空機型MAへの高速変形システムである。46.88tの軽重量が物語る機動性と運動性、そして何より鍛え抜かれたオーブ軍自慢のフォーメーションを活かすことでオーブ近海ではアスラン・ザラの駆るZGMF-X23S セイバーと互角に渡り合い、ベルリンではスティング・オークレーの操るZGMF-X24S カオスを撃破するなどザフト最新鋭セカンドステージMS相手にも遅れを取る事はない。72式 高エネルギービーム砲・66A式 空対空ミサイル「ハヤテ」に加え、戦局に応じては主翼に数発の対艦ミサイルを搭載する事が可能であり、クレタ沖では地球連合軍に与したオーブ軍の主力として大型機動空母タケミカズチから発進、LHM-BB01 ミネルバを撃墜寸前まで追い詰めたほどである。また専守防衛国家らしく巨大なレドームを背負った偵察仕様も見受けられている。

通りすがり @2006年4月10日 12:53
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム