ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC NRX-044 アッシマー まとめ

HGUC NRX-044 アッシマー @ 2005年6月27日

アッシマーはゼータガンダムで登場する可変モビルアーマー(モビルスーツ?)である。MA形態の時には「どこをどう見てもUFO」なので印象に残っている人も多いのではないかと思う。
さて、今回のHGUCアッシマーは

「差し替えなしで完全変形」

をうたっているが、看板に偽りなしであると断言できる。はっきり言って(・∀・)イイ!の一言である。
どこがどう変形するかはレビュー記事を見ていただけば分かると思うが

・マニュピレータが内部に格納可能(普通ははずすことが多い。ガイアガンダムとか)
・足のヒザ部分のロック機構

などいろいろと工夫のあとが見て取れる。正直これを考えた人はスゴイと思う。
さらに、

・合わせ目->ほとんどなし!
・色分け->ほぼカンペキ!
と時間のないお父さんが作るのにも最適なキットであると思う。

またこのアッシマーは、ガウォーク形態やSD形態さらにはカエル形態(たぬきむさん談)などいろいろと変形させて遊べるので、作っても、遊んでも楽しいキットである。

アッシマーは多くの人が待ち望んできたモデルである(アンケートで「10年待ちました!」という人も...)が、これが実現できたのだから、バウンドドッグ等他の可変MSも実現可能では?という期待を持たせる大きな意味があるキットであると言えよう。

アッシマーの取説で「HGUC」の解説に「今まで製品化されなかった幻のアイテムまでもラインナップに続々登場!!」と書いあるのを発見。幻のアイテムの続々な登場...バンダイさんお願いしますっ!!


・塗装必要個所
バーニア、ビームライフルの発射口内部。
モノアイはシールで再現。
塗装必須な箇所はありません。そのままで、ほぼ設定どおり。

・合わせ目けしは、パーツ分けが工夫されているのでほとんど必要ない。ビームライフルぐらい。

・武器
ビームライフル(意外だが武器はこれだけ)
左右の握り手、ビームライフル専用右手
台座

・可動
可動範囲はHGUCとしては普通の可動で、だいたいどんなポーズも取らせることができる。ただし、複雑な変形機構を有しながらこの可動範囲を確保したのは立派であると思う。保持力は全体的に問題ないと思うが、肩のポリキャップだけはゆるいので、腕が下がってくるという難点がある。(瞬間接着剤などでの保持力UPを行えば問題なし。)また、専用のディスプレイ用台座が付いているのでいろいろなポーズで飾ることができGood!

■おまけ

アッシマー、カエル形態
これが、カエル形態であります!ケロロ(たぶんこうじゃないかと...)。
ってケロロ軍曹でありますか?

アッシマーと赤リックディアス
アッシマーといえば赤ディアスとの対決...。

 「アッシマーがぁああっ!」 (<-と言って見たかった(^^))


HGUC 1/144 アッシマー
B0009WFSZ6
おすすめ平均
starsアッシマーがぁ!!byブラン・ブルダーク
stars未確認飛行物体
starsHGUCの技術もここまできましたか
starsアッシマーがぁ!!!

Amazonで詳しく見る

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1138
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム